www.izu3.net

**以前のリビジョンの文書です**

マクロ撮影の道

マクロレンズで動きものを撮るのは、以前は考えられなかった。 単にピンと合わせが大変なのだ。 でも、対象物が動かない、撮風の影響がない、そこそこ明るいなど、条件が揃っていれば、シャッターを押して確認を繰り返せば、なんとなくこんな状態なら撮れるというのを頭で考えなくてもと撮れるようになると思います。

投げ出す前に大量にシャッターを切って確認することです。 天才でもない限り、大量の失敗の上に成功は成り立つのです。 人と比べることは、ナンセンスです。

昆虫や、苔など撮影しだすと、マクロ撮影は楽しくて仕方がない。 ちょっとした狩人気分? 撮影することで、新たなコレクションが増える感じとでもいったところでしょうか。