www.izu3.net

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

blog:20171014マクロ撮影の道 [2017-10-14]
izu3
blog:20171014マクロ撮影の道 [2017-10-14] (現在)
izu3 [マクロ撮影の道]
ライン 4: ライン 4:
  
  
-マクロレンズで動きものをるの、以前は考えられかった。 +昆虫や、苔など撮影しだすと、マクロ撮楽しくて仕方が。 
-単にピン合わせが大変なのだ。 +ちょっした狩人気分? 
-でも、対象物が動かない、風の響がない、そこそこ明いなど、条件が揃っていれば、シャッターを押して確認を繰り返せば、なんとなくんな状態なら撮れるいうのを頭なくてと撮れるようになると思ます+撮影ることで、新たなコレクションが増る感じがまた気い。
  
-投げ出す前に大量にシャッターを切って確認することです+しかし、マクロ撮影で小さいものを追うのは、大変。 
 +だから、対象物が動かないものを、できるだけ狙ってきた。 
 +風の影響がない、そこそこ明るいなど、条件が揃っていれば、シャッターを押して確認を繰り返せば、最初はキツくてもなんとか撮れるようになる(と思う)。 
 +まぁ、投げ出す前に大量にシャッターを切って確認することが大切
 天才でもない限り、大量の失敗の上に成功は成り立つのです。 天才でもない限り、大量の失敗の上に成功は成り立つのです。
-人と比べることは、ナンセンスです。 
  
 +実際のところ、カメラ設定(シャッタースピード/​F値/​ISO)については、何が良いのか日々悩む。
 +ホワイトバランスもイマイチ身につかない。
 +液晶画面で確認し大丈夫と思っても、PCなどの大画面で見ると白側に全体が大きく振っていて哀しくなることも多い。
  
-昆虫や苔など撮影しだ、マクロ撮楽しくて仕方が。 +人と比べることはナンセンス。 
-ちょっとした狩人気分? +まったり行きま。 
-撮影することで新たコレクションが増える感じとでもいったところで+ 
 +、マクロレンズで動きものをるの、これまで考えられかった。 
 +今回は、ちょっと挑戦てみ。手持ちマニュアルは単にピンと合わせが大変のだ。 
 +モンロチウに挑戦し。結果は、今ひとつだが記録として残しておこう。
  
 +{{:​photo:​2017101401.jpg?​200|}}
  
 +- [[:​昆虫:​モンシロチョウ]]